60代からのカラオケが上手くなるにはコレ!

60代でも自宅でこっそりと歌が上手くなる


新年会、忘年会・・・の二次会などには必ずと言っていいほど 「コレ!」がつきまといます。

 

そんな中で、歌うのが上手い人は楽しいでしょうね。

 

もしかしたら、歌が上手いことによって異性から好印象を・・・  カラオケは絶対に練習ですね。

 

 

歌が上手い人と下手な人の差は何だと思いますか?

頭がいい人、運動が得意な人がいるように歌を歌うのが上手な人も確かにいてます。

 

しかし、どうですかね、頭も運動も上手な人はある程度努力しているのでは?
なので、歌唱力もこれと全く同様で努力すればいくらでも伸ばすことはできるのです。

 

 

歌がうまい人は、みんなキレイなビブラートを使いこなしています。

 

カラオケが上手い人との違いはビブラート! 
これを知って歌っているかだけの違いなんです。

 

だから、あなたがこのビブラートをマスターすれば、聞いてる人に感動を与えられるような魅力的な歌が歌えること間違いなし♪

 

 

だけど、ビブラートの出し方がわからない。
まして、友達で歌が上手い人にビブラートを教えてって言えない。

 

 

それでも、ビブラートの正しい練習方法がわかれば、確実に歌が上達できるのは分かるでしょう。

 

自宅でこっそりと練習をしたいので・・・

>> ビブラートを自宅でマスターする

 

歌がうまくなる方法

自分の声質に合う、歌いやすいキーの歌手を見つける

まずは好きな歌手の歌をいろいろ歌ってみましょう。

 

そして、うまいヘタは置いておいて、とりあえず「声がしんどくなく歌える」そんな歌の歌手がいたら、それがあなたに合うキー(歌)なのです。

 

絶対に曲が好きだからといって、難しいなあとされる歌手や歌には手を出さないことです。

>> 60代男性に人気曲

 

 

同じ曲を聞きまくる

まず一曲を丸暗記できるほど聞きまくります。 とにかく聞きまくるです。

 

身体にリズムを叩きつけて、歌手の表情や口の動きまで、丸暗記し・リズム・タイミングも、完全コピーのつもりで完璧に真似ましょう。

 

絶対に自分流にアレンジしない事です。

 

 

 

 

練習あるのみ

プロでも毎日ボイストレーニングしたり歌の練習をしているのです。
だから、素人の自分も練習あるのみ!と思って1人カラオケ、もしくは家で歌いまくりましょう。

 

プロを真似るところは、息継ぎとマイクの使い方でより上手に歌えるようになります。

 

うるさくないカラOK! ミュートマイク2 Plus カラオケマイク

 

 

録音して聞いてみる

なんとなくうまく歌えるようになったかな?と思ったら録音して自分の歌を聴いてみましょう。

 

多くの場合、自分が思ってたのと全く違います・・・。
自分の声がイメージと違い、想像以上に恥ずかしさやショックを受けるはずで、自分の声はかなりヘタに聞こえるでしょう。

 

どこがヘタなのか、どこがプロと違うのかを徹底的に調べます。
そして、何事も練習あるのみで、繰返して一曲をマスターして下さい。

 

自分の声のキーを把握できるかどうかが大切ですね。

 

プロのようなビブラートが1日15分たった5日でマスターできる方法

 

 

 

>トップページへ戻る