音痴とは?| どうしても音痴を治したい

たった2週間で音痴は治ります

音痴とは?| どうしても音痴を治したい
音痴(おんち)とは、音に対して感覚が鈍い人を指す言葉です。

 

とりわけ歌唱に必要な能力が劣る人を指す言葉で使われ、指摘された人は自覚している場合がありますが、感受性による音痴の場合、他人に指摘されないと分からない場合も見られます。

 

しかし、しっかりとしたボイストレーニングをすれば音痴は改善します。

 

 

また、カラオケはマイクの使い方やカラオケ機材等でも随分違いがでてくるのも事実です。

 

音痴は治ります こちらから

 

 

音痴のメカニズム

音痴、すなわち音程がしっかり取れないメカニズムは大きく分けて2種類存在します。

 

運動性による音痴

本人はしっかりと耳で正しい音程、音階を聞き取れているのに、発声する際に、咽喉の運動や筋肉の緊張、呼吸の乱れなどが原因して音程がずれてしまうという症状である。

 

このような症状は、正しい音階を把握できていることから、ボイストレーニングや声帯訓練などを行えば比較的容易に矯正できます。

 

 

感受性による音痴

本人が正しい音程、音階を聞き取れていない場合に発生するものである。

 

正しい音階を聞く機会が少なかったことによる、経験不足であり、カラオケなどの遊び程度ならば、多少の音のズレは十分許容範囲と見做されます。

 

 

 

私は【音痴】だ!と思っている人の大部分の人は、ただ、自分が出している声の音程がわからなかったり、たまたま外れてしまったり、また、外れている事自体が、明確に、わからないだけなのです。

 

 

劇的に音痴を改善するつまり、私は【音痴】だ!と思っている、ほとんどの人は、本当の意味での【音痴】では無いのです。

 

 

それは、しっかりとしたボイストレーニングをすれば、劇的に音痴を改善するという事が可能なのです。

 

2週間の練習方法は、こちらから